2012年01月02日

ラ・ロッタ家の人々

新年明けましておめでとうございます。
飲みに行って朝起きたら隣に女の人が寝ていたという経験はありませんか?
私はありません( ゚ω゚ )

それでは、かなり前にラ・ロッタ家の一覧が欲しいというお話があったので、上げておきますね。
つか、すいません、遅れてすいません('A`)

父:クールティル
母:マリー・テレーズ
01:リュビ
02:サフィール
03:ビアンカ
04:エメロード
05:アメティスト
06:ペルル
07:テュークワーズ
08:ディアマン
09:ジョゼフィーヌ
10:エトワール
11:ジゼル
12:ケティ
13:アルマン

とまあ、こんな感じになっております。
八女まではフランスの原子力潜水艦が元ネタです。
宝石の名前を潜水艦につけるとか、流石は世界を股にかける死の商人フランス、洒落とりますな(´・ω・`)
posted by 灰色 at 07:42| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

ボツネタ

注意その1:色々とアウトかもしれないのです


注意その2:駄目だと言われたら消しますのでご了承を


注意その3:ボツネタな上に色々と台無しなので、引き返すならいまのうちなのですよ?








注意はしたのですよ?








「ケティって、歌ったりしないのか?」

「何なのですか、藪から棒に?」

とある日の昼下がり、私の魔法の鍛練をのんびり眺めていた才人が、ふとそんな事を話しかけて来たのでした。

「いやさ、呪文の詠唱とか聞いてもケティって結構いい声しているし、歌わないのかなって。」

「んー?そういえば最近歌っていないのですね。」

ラ・ロッタ領ににいた頃は歌っていましたが…山の女王音頭とか、そんな感じの民謡を。

「日本の歌とか、歌わないのか?」

「うーん…そう言えば全く歌っていないのですね。」

そんなに歌が上手かったわけでもなし、ましてや歌うのが好きだったわけでもないので、特に気にしていませんでしたが。

「覚えている歌とかねえの?」

「んー…ある事にはありますが、歌詞がアレで。」

なんでまた、あんな変な歌ばかり覚えているのでしょうか、私は?

「アレって?」

「主に替え歌なのですよ、覚えているのは。」

元の歌は兎に角、歌詞が変なのですよ、だから。

「替え歌ってどんなの?歌ってみてよ。」

「えー、ゴホン、では。
 戦場に向かって走るぅ〜あの列車に乗って行こぉ〜♪
 憲兵に見張られながら〜あの列車に乗って行こぉ〜♪
 (以下略)」

おお、やっぱり歌詞は覚えていたのですね、元ネタの歌詞はさっぱり覚えていませんが。
ちなみに、全部日本語で歌っているのですよ。

「…と、まあ、こんな感じなのです。」

「す、すげえ歌詞だな。」

おや、才人がドン引きしているのですよ。

「ええ、夢も希望もありはしないのですよ、共産主義には。」

「いや…そういう事じゃなくてだな、ケティみたいな女の子がそういう歌を歌うとは思ってもいなかったというか。」

可愛い歌を歌えばよかったのでしょうか?
…良く考えたら、今の私は女性歌手の歌を歌っても大丈夫なのですよね。
まあ、どの道無理なのですが。

「《キラッ☆》とか言うだけでも、少々拙いのですよ。
 替え歌だって本当は著作権的にはグレーというか、実際に訴訟が起きた事もあります。
 困らせては駄目なのですよ。」

《キラッ☆》で取り敢えず、例のポーズをとってみたりしました。

「困らせるって、誰を?」

私は黙って天を指差します。

「理想郷の管理人を困らせては駄目なのです。
 色々と、事情があるのですよ、大人の事情的なあれこれが。
 著作権ヤクザ団体とか、まあ色々とあるのですよ。」

「何を言っているのか、さっぱりわからねえよ。」

ええ、ええ、私も自分が何をしているのだか、さっぱりなのです。

「他には何歌えるの?」

「あとはスターリングラード冬景色とか…。」

独ソ戦ばっかりなのですよ。

「…君には失望した。」

ああ、才人の蔑んだ視線が痛い…。

「ううっ…ああもう、某著作権団体が悪いのですよ、全て全く何もかも!
 商業利用するわけでもなし、いちいち使用するのに許諾を取れとか金払えとか、何様のつもりなのですか。
 だから、著作権ヤクザとか言われるのですよ、あの文化庁の天下り団体は!」

「内容がメタ過ぎて、俺には全く聞こえなかった事になっているよ。」

私も何を喋ったのか、覚えていない事になっているのですよ。
オチですか?ボツネタにオチなんかあるわけが無いではありませんか。


後書き
タグ:SS
posted by 灰色 at 08:36| Comment(5) | SS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

ケティの使い魔

最新話、読んで戴けたでしょうか?
幕間ですが。

ついにケティの使い魔が決まりました。
一応、ケティの使い魔を選考する際は、いくつか条件をつけて考えていました。

1.空を飛び、ケティが乗れる
2.ケティが乗っている時の絵がギャグになり過ぎない
3.バランスブレイカーになりようが無い
4.ドラゴンは駄目、絶対

この条件に合致する生き物だと山の女王は弾かれ、ケティの前世の人をパックンチョした怪物も省かれ、ジャイアント・ホーネットもケティが乗る…というか運搬されるシーンが完全に捕食される生き物といった風情になるのでこれも省きました。

じゃあ鳥かと言えば、エトワールのロック鳥(でかい鸚鵡)も居ます。
幻想生物図鑑を調べても、西洋文化圏で純粋なドラゴンを抜いてしまうとワイアームワイバーンくらいしか居なかったというわけで。

実はスブティルは最初ワイアーム、つまり羽の生えた蛇でした。
ワイバーンだと、捻り無さ過ぎかなーと思ったので。
んでもってワイアームなので、この段階では毒のブレスが吐けました。
狡猾で口から毒を吐くとか、ケティにぴったりですよね!(何?

ただ、書いている途中に息抜きで古代生物の番組を見たのが悪かった。
ケツァルコアトルスかっけー…とか思ったのが運の尽き、何時の間にやらスブティルはワイアームからワイバーンに書き直されていましたとさ。
その後見た番組で、危うく空飛ぶリードシクティスになる所でしたが、それは流石に自重。

スブティルは利発さがケティと共鳴して呼ばれたという事にしてあります。
あと、ケティは一応風メイジとしてもライン相当の魔法が使えますから、何故かこっちの属性に引っ掛かったという事で。
posted by 灰色 at 09:49| Comment(12) | 設定語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。